断水訓練を実施しました。(九州初! 全国でも4例目)

 平成29年9月10日(日) 佐賀市上下水道局では、嘉瀬町の青藍自治会が実施する自主防災訓練

 において、地震災害を想定した断水状況を体験する訓練(断水訓練)を実施しました。

 青藍自治会の皆さまを始め、多数の皆さまにご協力いただき、誠にありがとうございました。 

 

 この訓練は、参加者が給水場所で給水を受け、この水を食事やトイレ等の生活用水をして活用しながら、

 断水解除までの間、最小限の水で生活する体験をしてもらうことで、地震等の災害への対応力の向上を

 図ることを目的としております。

  <実施内容>

 ① 参加者宅の水道メーターを閉め断水

 ② 給水車による応急給水活動

 ③ 造水機の実演

 ④ 断水でトイレの水が使用できないときの対処方法の実演

 ⑤ 応急給水の水を使用した炊き出し訓練(自主防災訓練)

 ⑥ 消火器訓練(自主防災訓練)

 ⑦ 訓練後、参加者との意見交換  ※アンケート結果はコチラ ⇒⇒⇒  

 

 <断水訓練の模様>

 (飲料水袋の配布・作成)

   

 (応急給水)

   

  

 (造水機の実演)                  (断水でトイレの水が使用できないときの対処方法の実演)

   

 (消火栓からの放水)                          (消火器訓練)

  

 (訓練終了後の意見交換会)

  

 

(C) Saga City Waterworks and Sewerage Bureau. All rights reserved.