佐賀市は『グリーンオイルジャパン』宣言に賛同しました

 佐賀市は、株式会社ユーグレナ(以下ユーグレナ社)が主導する2030年までにバイオ燃料を製造・使用するサポーターを日本中に広げ、日本をバイオ燃料先進国にすることを目指す『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』宣言※に、賛同したことをお知らせします。

 佐賀市とユーグレナ社は、佐賀市下水浄化センターの処理水等の資源を活用した微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の培養を通して、バイオ燃料の原料の製造等に関する共同研究を実施しています。

 これからも佐賀市は、ユーグレナ社や宣言に賛同された多くの皆さんと共に、低炭素化社会の実現に向けて、佐賀市内でのバイオ燃料の研究と普及に向けた支援に取り組んでまいります。

 

 

 ※『GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)』宣言:ユーグレナ社は、日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの完成(2018年10月31日)を機に、「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す『GREEN OIL JAPAN』宣言をサポーターと共に発表。合計27の企業や自治体等と連携している。https://www.euglena.jp/businessrd/energy/greenoiljapan/

 

 下水道資源を活用した藻類の培養

 

 佐賀市とユーグレナ社による共同研究の締結(平成26年度)

 

ユーグレナプレスリリースはこちら

(C) Saga City Waterworks and Sewerage Bureau. All rights reserved.